携帯



携帯で音楽が聴けるようになってもうずいぶんたつ。

何が便利って、いくつもの機器を持ち歩かなくてもよくなったこと。
携帯が一つあれば、電話とメール以外にも、写真・音楽・
インターネット。

携帯があれば、ほかにはなにもいらなくなるのかな。

携帯

どんどん時代って進むものだ。
一時期はウォークマンで大量のMDと一緒に
行動していたのに、それがiPodになり、今や
スマホだけで全部が事足りる。

ウォークマン

おかげですごく便利になったけれど、まだ使えるのに
使わない電子機器って増えてしまった。

それって何だかなんだかもったいなくて
切ない感じがします。

商務省の情報通信白書から読み解く現代人のインターネット利用事情

総務省が公開した情報通信白書によると、現代人のスマートフォン利用率の増加が客観的に数値で示されています。埼玉県や千葉県や大阪府、沖縄県や東京都や岐阜県や静岡県など国内の主要な都市で、インターネットを利用する際にスマートフォンを活用する人々が、半数を超えているのです。以前からスマートフォン利用率は今後増加すると予測されていましたが、あっという間にパソコンの利用率を上回りました。

世帯年収でみると、400万円を超す家庭ではネットの利用率が80パーセントを超えており、老若男女問わず日常的にネット上の媒体に触れている事が分かります。
インターネットを利用する目的としては、電子メールの送信や受信を主な目的に挙げるユーザーが多く、それに次ぐ形でいわゆるSNSやネット動画サイトを利用する目的が続きます。

SNSの利用者と言えば、国内で普及した当初は若い世代向けのメディアでしたが、情報通信白書を紐解くと、40代から60代の男女の利用率が上昇しているのが顕著です。
インターネット通販サイトの利用者も増加しており、総務省の統計によると決済方法は主にクレジットカードとなっています。

カード決済で代金を支払う方々が全体のおよそ70パーセントです。そして次点でコンビニ払いや代引き、銀行やATMでの支払いとなります。
スマートフォンからでもカード決済は簡単に出来るようになり、その決済方法だと商品が最も素早く配送されやすいです。
スマートフォンの性能が上がり、実質的に自宅にパソコンが要らない程、多種多彩なサービスやアプリが使えるようになりました。

若い世代でもパソコン離れが進んでおり、日常的なネット関係の作業はほぼ手元の端末で済ませる、そういった時代になりました。

MasterName miyoppe
SEO対策のファーストステップ